2017年8月5日土曜日

私とヒーリングタッチの出会いのお話。


9月23日(土)京都でヒーリングタッチの紹介セミナーを開催します♪

私がヒーリングタッチという言葉を初めて知ったのは、確か2007年頃だったでしょうか。

関東にお住いのフラワーエッセンスのプラクティショナーの方のブログを拝読していて(とても誠実な人柄を文章から感じていました)、その方が、ハワイからヒーリングタッチの講師を招きワークショップを東京で開催されると知りました。

その頃、アロマテラピーのトリートメントをする事が難しい状態(皮膚の状態などで)のお客様とご縁があったり、病気によりアロマテラピーの施術が難しい状態の身内がいたりしました。

アロマ以外で何か出来ることはないだろうか。。。と思っていた時でした。


・オイルを使わない

・マッサージでもない

・看護師さんが行っている


なんだかよくわからないけど、「オイルを使えない、マッサージも難しい」、そんな人達にも出来るんだ!なんだか良さそうな気がする!とピンと来ました。

そして、2008年に初めてレベル1(現在の名称は、ヒーリングタッチ・ベーシック)を受講しました。

講師はハワイ在住のアメリカ人看護師で、2003年から2005年まで東京の聖路加看護大学で客員教授として日本に滞在していた方でした。

通訳はそのフラワーエッセンスのプラクティショナーの方と、もう1人、現在、NPO法人日本ヒーリングタッチ協会の代表を務める戸田美紀さんが行って下さいました。

レベル1(ヒーリングタッチ・ベーシック)では、名前の通り基本的な事を学べます。

ですが、今、私がプラクティショナー研修生として100症例の実践をしている中、一番多く使用するテクニックは、実はレベル1で習ったテクニックの数々です。

そして、9月の紹介セミナーの実習でも行う「セルフチャクラコネクション」もレベル1で習い、それから9年間ほぼ毎日このセルフケアを行っています。

レベル1(ヒーリングタッチ・ベーシック)の2日目の最後、終末期の方やその家族、または変化の時にある方などに行うテクニックを学びます。

「まず、見ていてください。とても深いワークですので、このテクニックの間は質問をせず、終わってからで。」との事でしたので、皆、そのまわりに集まり、セッションを見ていました。

見ているだけなのに、なぜだか私は涙が溢れてしまいました。


何と表現したらよいのか・・・未だに上手く言葉で表現できない、その尊くて美しい光景。

モデル役はただ横になって寝ていて、講師はただ手を動かしているだけ。

なのに、なんで?!

なぜ、見ているだけなのに、涙が出るんだろう?と、私の左脳が私に話しかけていたように思います。

それでも、私の両目からは涙が出て、胸が震えました。

このレベル1(ヒーリングタッチ・ベーシック)で、ヒーリングタッチをするのも、されるのも大好きになった私は、何度も再受講を重ね、ゆっくりと自分のペースで学んできました。

これがヒーリングタッチと私との出会いです^^

9月23日(土)京都でヒーリングタッチの紹介セミナーを開催します♪

お申込みお待ちしております。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

森の種
今神早苗

☆・。*・。☆☆・。*・。☆☆・。*・。☆

女性専用アロマセラピールーム 森の種
http://www.morinotane.com/


女性の様々な不調に・・・アロマセラピーは心と身体と魂に働きかけます

心と身体が疲れきってしまう前に。

大津市のJR瀬田駅より徒歩10分。
※瀬田駅までの送迎可能です^^

施術スタート時間 9時~ 12時~ 15時~
(上記スタート時間以外でも可能です。お気軽にお問い合わせください。)


★メニュー&料金

★アクセス

★お客様の声


電話 : 090-1287-0808
※非通知設定を解除してご連絡ください。

施術中は電話に出ることが出来ません。
折り返しご連絡いたします。

メール:morinotane.aroma@@gmail.com
(@を1つにしてご連絡下さい)


☆・。*・。☆☆・。*・。☆☆・。*・。☆