2013年5月27日月曜日

ヒーリングタッチが好きな理由について、ようやくきちんと言語化できました。

こんにちは^^森の種の今神早苗です。

一昨日と昨日、ヒーリングタッチセミナーのお手伝いを京都でさせていただいてきました!

とてもすばらしいワークショップ。素敵な時間でした。

参加者の皆様、講師のサラ、通訳の方、ヘルパーの方々、そして主催者の方。

みなさん本当に素敵な方たちばかり。

みなさんの愛情とか情熱とかに、ただただ尊敬と感動と感謝です。

ありがとうございました!




「いろいろなエネルギーワークがあるけれども、どうしてヒーリングタッチなの?」

「何が違うの?」

「どうして好きななの?」



など、よく訊かれるのですが・・・今まできちんとした言葉で伝えられていませんでした・・・

今回改めてワークショップに参加させていただき、昨夜コーディネーターの方達とお話しさせていただき、ようやく言葉がうかんできました。


ヒーリングタッチは無条件の愛そのものようなセラピーで、胸が震えるんです。

セッションしている人や、クライエントや、その空間そのものが、とてつもなく美しい。


その美しさはとても神聖で、花や木々や大いなる自然を前にしたときのような感覚と似ている。

だからわたしはヒーリングタッチが大好きなのです。


ヒーリングタッチは、もともと看護師さんが体系だてたものなので、いろいろな研究や臨床でのデータなどもきちんとされています。

心や魂が喜ぶだけでなく、論理的でしっかりとしたヒーリングでもあります。



あぁ~!やっときちんと言語化できました!本当に言葉にするのが遅い(泣)

2008年6月に、はじめてヒーリングタッチに出会いそれから5年。

ようやく言葉にできたなんて・・・^^;

遅い・・・遅すぎるよ・・・


ふぅ~。でも、こうやって言葉に出来たのも、皆様のおかげ!

感謝ですー!!!


もう少し早く、いろいろな事が言語化できるようになるぞー!ふんっ!(鼻息)

そして、もっともっと意識的にアロマのセッションの中に取り入れていくぞー!ふんっふんっ!(鼻息)


最後までお読みいただき、ありがとうございました^^


森の種
今神早苗